【エステ体験記】初心者もこれでOK!大切な事前準備・持ち物とは!?

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回は【【エステ体験記】初心者もこれでOK!大切な事前準備・持ち物とは!?についてお伝えします!

この記事は

  • エステ前に悩む準備について
  • エステに持っていくべき持ち物
  • こんなのがあると嬉しい?以外な持ち物

について知りたい方におすすめの記事です。

準備は簡単!チェックリストもあるので参考にしてみてください。

 

 

 

ヒナタ
エステって手ぶらで行っていいんじゃないの!?

ほとんどのエステは手ぶらで問題ありませんし、予約した後にエステのスタッフの方から電話がかかってきて…

「〇〇と〇〇と〇〇を当日お持ちください!」と電話がありますので心配することもないのですが、エステ体験にこんなものもあればよかった!意外なものもお伝えしていきます。

 

エステ体験初心者さんには特にみていただきたい内容となり、エステ経験者さんでもエステサロン毎によって多少持ち物が違うので今回紹介する内容を持っていけばほとんどカバーできるので参考にしてください。

 

また、エステに行く前にどんなことを準備しておけばいいのか?

持ち物以外の準備内容についてもお伝えしていきます。

サラ
前日準備でチェックできるようになっているから不安ならエステにいく直前にも確認してみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

絶対に必要なエステ体験の持ち物

エステ体験の予約をしたら「さあ!当日まで待っていればいいや〜」という訳ではなく…

ほとんどのエステはエステ予約完了後に電話によって体調や痩せたい状況・当日の持ち物の確認があります。

 

エステ体験の中には同一人物が2回以上体験することができない場合があるので初めての体験か?ということも確認されます。

(体験料金は格安のため何回も…というわけにはいかない場合が多いです。)

 

エステ予約完了後に電話がかかってくるものの…予約日はまだ先。

なんて言われたっけ?となってしまう場合もあるのでそんな時は以下の持ち物を持っていけば大丈夫です。

(不安の強い方は体験するエステサロンに確認の電話をすることをおすすめします。)

 

 

当日必要な持ち物をあげてありますのでチェックボックスをチェックしてみてください。


 身分証明書(写真付きの方が無難。運転免許証・パスポートなど)

 エステ体験費用(エステにより異なるが、500円〜)

 着替えの下着(エステサロンによっては必須の場合あり。)

 

必要なものってほとんどないんですが…笑

これらを忘れるとエステを受けられない場合がありますので必ずチェックしましょう!

特に身分証明書とお金は必須です!

 

でも、これだけではなく、大量に汗のかくエステ体験はそれ以外にもお役立ちグッツを持って行くと快適エステになります!

 

 

 

あれば助かる!お役立ちグッツ・持ち物♫

エステを経験したことがある人はなんとなく持って行くものがわかりますが、エステ体験初心者さんはどんな感じかわからないですよね…

そのためあればよかった持ち物・意外なお役立ちグッツを紹介します。

 

体験エステ経験者さんも参考にしてください。

 

 

必要な人はチェックボックスにチェックしてみてください。


 化粧用品(必須と言ってもいい!化粧直しのレベルではなく汗をかきます。)

 化粧水・保湿液(準備されてますが敏感肌の人は持参が無難)

 シャンプー・リンス・洗面用具(こだわりがある人)

 シャワーキャップ

 ヘアゴム(髪の長い人)

 帽子・マスク(変装グッツ)

エステ体験後には全身から汗をかくくらいの発汗量です。

そのため、エステ後にはシャワー室が用意されていてほとんどのエステでは最低限のアメニティが揃っています。

 

しかし、エステ後に予定がある場合だったり、髪の長い人はシャワーで髪まで洗っていると時間もなくなりますし、なんと言っても面倒!というかたはシャワーキャップやヘアゴムを用意しておきましょう。

 

また、ヘアゴムはエステ中に使うこともあるので髪の長い人は持って行った方が無難です。

他にもこだわりがある人はお気に入りのシャンプーやリンス・洗面用具を持って行く人もいるようです。

 

全ての女性に言えるのは化粧用品!

エステ後にすっぴんでも問題ない人は大丈夫ですが、簡単にメイクできるグッツは持って行った方がいいです。

 

 

 

 

あなたは大丈夫?エステ前日までの事前準備

エステ前の持ち物はこれでバッチリですね!

しかし、エステ前にはこれだけでなく特定の人は少し準備が必要です。

 

やっておけばよかった事前準備を紹介します。

 

視力の悪い人はコンタクト着用が無難

エステではドーム型だったり、密閉されている状況だったり環境は違いますが、体を温めて脂肪燃焼する環境を整えるためサウナに入ることがあります。

 

他にも体を温めるために大量に発汗するので視力の悪い人は曇る眼鏡よりもコンタクトがおすすめ

場所によっては眼鏡をロッカーに預けなければいけない場合もあるので要注意です!

 

 

毛が気になる人は事前処理を!

基本的にエステは紙パンツや持参のショーツでエステを行います。

それ以外に着用するものはほとんどありません。(場所によってはブラジャー着用)

 

ほとんど露出している状態でマッサージも行うため、ジョリジョリして気になる…毛が長くて見られたら恥ずかしい方は前日やエステ直前に処理することをおすすめします。

 

伸びていてもエステティシャンの人は言ってこないでしょうし、多くの女性を見ているので気にならないかもしれませんが、マナーにもなりますよね♫

 

 

生理中は要注意!エステ前の事前準備は?

生理中にエステを行うのは少し気をつけなければいけません。

場所によっては生理中のエステを禁止しているところもありますし、紙パンツだとタンポンを入れていてもバレてしまいます。

 

また、体を温めることで経血量が増える場合もあるので生理中は無理せずエステの日を延期しましょう。

 

生理になり、エステ日と被ると分かった時点で体験予定のサロンに連絡をしましょう。

また、当日・前日に生理になった場合にはその時点で営業時間内に連絡すれば問題なく延期することができますよ♫

 

 

 

大切な事前準備・持ち物まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は【エステ体験記】初心者もこれでOK!大切な事前準備・持ち物とは!?についてお伝えしました。

エステへの持ち物としては最低限以下の持ち物があれば特に問題ありません。

プラスして髪の長い人はヘアゴムを持って行くことをおすすめします。

 身分証明書

 エステ体験費用

 着替えの下着

 化粧用品

また、エステ前に生理になった方はわかった時点でエステの日付を延期し、お互いにとって気持ちよくエステをしてもらいましょう。

 

合わせて読みたい記事
準備中

 

 

 

スポンサーリンク