効果を倍増させる呼吸を意識した腹筋ローラーの使い方

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回は効果を倍増させる呼吸を意識した腹筋ローラーの使い方についてお伝えします!

この記事は

  • 腹筋ローラーの効果が感じられない…
  • 腹筋ローラーを使うとき呼吸を止めてしまう。
  • うまく呼吸できているのかわからない

という方におすすめの記事です。

正しい呼吸方が身についていないと効果もいまいち…今回は呼吸方についてのみとことんお伝えしていきます!

 

 

 

ヒナタ
呼吸って意識していても辛くなってくると苦しくて止めちゃう…

筋トレをするときは…

正しいフォーム・呼吸方法

を身につけるだけで歴然と効果が違ってきます。

 

特に腹筋ローラーは体への負担も大きく、お腹への刺激を与えているため呼吸がしづらいのでうまく呼吸ができないかたもいるかもしれません。

サラ
今回は正しい呼吸方法についてしっかり学んでいきましょう♡

 

 

スポンサーリンク

 

筋トレで呼吸って大事なの?

筋トレにおける呼吸については大切という人とそうでないと伝えている人がいるようです。

大切な理由としては呼吸をすることで…

酸素が血液の流れに乗って全身に行き渡る→心臓の血流量が増える(心肺機能の増強)→筋肉へ酸素が行き渡る→酸素と共に栄養が行き渡る

といった流れで推奨されています。

 

一方、そうでないかたというのは…

呼吸によってフォームが崩れる

といった理由があります。

 

フォームが崩れるというのは少し飛躍しているように感じる方もいるでしょうが、動作に伴う正しい呼吸ができないとこのようになってしまいます。

 

’’動作に伴う正しい呼吸って?”

と思う方もいるでしょうが筋トレのメニューによって全然異なるのでここでは省略します。

詳しい呼吸方法については筋トレメニューを参照ください。

http://jyoshikatu.com/category/musclemenu/

(カテゴリー別になっているのでお好きなメニューを選んでね!)

 

 

ここで言いたいのは両者の意見があるけど、どちらも正しいということ。

筋トレにおいては呼吸もフォームもどちらも大切だからです。

 

しかし、そんなこと言ってもどのようにしていけば…という場合は呼吸するタイミングを身につけることが大切です。

呼吸はしなくれはいけない。

フォームも大切。

それこそフォームを崩さない呼吸方法を身につければ最大の結果をもたらしてくれます。

 

 

では、腹筋ローラーにおいて呼吸が大切なのか?見ていきましょう。

 

 

 

腹筋ローラーに呼吸は大切か?

先にお伝えしときたいのは…

腹筋ローラーにおいて呼吸は大切ということです。

 

先ほどもお伝えしたように、筋トレにおいてはフォームの取得とフォームを崩さない呼吸方法の習得が大切です。

(大切なので何回もお伝えしていきます。)

 

それは腹筋ローラーにおいてもとても重要なこと。

だって呼吸によって血流量が増えたり、それによって筋肉の細かな血管まで栄養を届けてくれます。

 

しかし…腹筋ローラーは筋トレの中でも難しいとされていて、呼吸するタイミングも難しいのです。

よく言われているのは…

  • (腹筋ローラーを)伸ばした時に息を吸う
  • (腹筋ローラーを)縮めた時に吐く

ということ。

 

しかし、これは先ほどお伝えしたフォームを崩さない呼吸方法としては間違いではないか?と言われています。

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

伸ばす時に吸う・縮めるときに吐く方法は間違い!?

  • (腹筋ローラーを)伸ばした時に息を吸う
  • (腹筋ローラーを)縮めた時に吐く

上記の動作をしていると筋肉の動きはどのようになるのか?

という点に着目してなんで間違っているのか?ということをお伝えしていきます。

 

まず、腹筋ローラーをお持ちの方は上記の方法(伸ばした時に息を吸い、縮めた時に吐く)という動作を行なってみてください。

するとどうでしょう?

私も行ったことがありますが、一般的に推奨されている方法を行うと一番鍛えたい腹筋の部分の力が抜けてしまうのでオススメできないのです。

 

一般的に言われている呼吸方法では腹筋の稼働を抑えてしまうのです。

では、ここで正しい呼吸方法をご紹介するので是非今日から行ってみてください。

 

 

 

稼働を抑えない腹筋ローラーの呼吸方法

正しい呼吸方法というのは難しいように思われますが、一般的に推奨されている腹筋ローラーの呼吸方法と比較すると簡単に行うことができます。

呼吸がうまくできない人はよく息を止めがちですよね?その呼吸方法を少し取り入れているから一般的に言われている呼吸方法と比較すると簡単ということです。

 

では、稼働を抑えない腹筋ローラーの呼吸方法について紹介します。

  1. スタートポジションで力が抜けた状態で息を吸う(鼻から吸うイメージ)
  2. 呼吸を止めるか(もしくは軽く息を吸いながら)体をのばす
  3. 伸ばした状態で体を戻す時(一番力が入る時)に息を吐く

 

どうでしょう?

一般的に推奨さえている呼吸方法と似ていると感じた方もいますが、こちらの方法では…

  • 伸ばす時に息を止める(呼吸したとしても軽く)
  • 吐くときは一気に吐く(力が入る時に)

といった2点が少し異なるのです。

 

これは呼吸によって筋肉(腹筋)の稼働を制限しない呼吸方法になります。

息を止めることで腹筋に力が入り(軽くの呼吸でもOK)腹筋ローラーによる刺激をしっかり与えることができるのです。

そして呼吸を必ずすることで血流量を増やしてあげるという点でも理にかなっています

 

腹筋ローラーの効果がうまく出ない…

呼吸方法で悩んでいる…

という方は今回紹介した方法によって腹筋ローラーの効果を倍増していきましょう!!!

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は効果を倍増させる呼吸を意識した腹筋ローラーの使い方についてお伝えしました。

呼吸は腹筋ローラーだけでなく筋トレにおいてもとても重要であるにもかかわらず意識をしていなかったりしている人や間違った呼吸方法をしている人がとても多いです。

呼吸においてはフォームを崩さず呼吸を取り入れることがとても重要なのです。

 

一般的に言われている腹筋ローラーの呼吸方法

  • (腹筋ローラーを)伸ばした時に息を吸う
  • (腹筋ローラーを)縮めた時に吐く

を行うと一番鍛えたい腹筋の部分の力が抜けてしまうのでオススメできないので、今回紹介した稼働を制限しない呼吸方法を是非取り入れてみてください!

 

 

 

スポンサーリンク