筋肉痛の部位が腕・肩は要注意?腹筋ローラーの効果がない時の対処法

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回は筋肉痛の部位が腕・肩は要注意?腹筋ローラーの効果がない時とは…?についてお伝えします!

この記事は

  • 腹筋ローラーを使い腕や肩への筋肉痛があり心配な方
  • 腹筋ローラーで効果のある筋肉を知りたい方
  • 効果的な腹筋ローラーの方法を知りたい方

におすすめの記事です。

腕や肩の筋肉にも効果的な腹筋ローラーですが、腹筋への筋肉痛がなく、腕や肩だけも場合は要注意かも知れません。

詳しく見ていきましょう!

 

 

 

ヒナタ
腹筋ローラーって器具を使った筋トレの中でも難しいからうまくやるために難しいよね!

腹筋ローラーは腹筋をダイレクトに鍛える器具としてはとても有名です。

しかし、腹筋ローラーを効果的に使用することができるているのは一部の人だけではないでしょうか?

 

腹筋にしっかり筋肉痛が現れていますか?

筋肉痛の痛みが肩や腕だけではないですか?

 

もし当てはまる人がいれば腹筋ローラーに効果的な筋肉を学びながら腹筋ローラーを効果的に使うためにはどのようにしたら良いのか?お伝えしていきますので一緒に頑張りましょう!

サラ
最初はみんなできないことも多いと思うけど諦めないで!

 

 

スポンサーリンク

 

腹筋ローラーに効果的な筋肉の部位

腹筋ローラーを使ってどこが鍛えられるのか?

「もちろん腹筋でしょ!」と思う人も多いでしょうが、腹筋の筋肉にも色々あるのです。

それ以外にも腕や肩など…実は腹筋以外にも鍛えられる部位は多いので詳しく見ていきましょう。

 

 

腹筋ローラーで鍛えられる部位①腹筋

 

腹筋にある4つの筋肉は

  • 腹直筋(ふくちょくきん);腹部正面
  • 外腹斜筋(がいふくしゃきん);側腹部の表面
  • 内腹斜筋(ないふくしゃきん);側腹部の深層部
  • 腹横筋(ふくおうきん);内腹斜筋より深層部

上記の4つになります。

一つに腹筋と言っても4つの筋肉があり、鍛え方によってはどの筋肉も鍛えることができます。

腹筋ローラーはその中でも腹直筋に一番効果があります。

 

腹筋ローラーを使った部位別の鍛え方はこちらで確認してください!

ぽっこりお腹がなくなる?下っ腹を鍛える正しい腹筋ローラーの使い方・鍛え方

初心者女性〜上級者までレベル別腹筋ローラーの使い方と鍛え方!

 

 

腹筋ローラーで鍛えられる部位②腕・肩の筋肉

 

腹筋ローラーを使うときにはローラーでバランスが崩れないよう腕で自分の体重を支える必要があります。

そのため腹筋だけでなく腕や肩の筋肉にも効果があるのです。

 

腹筋ローラーで効果のある筋肉はこちら!

  • 上腕の筋肉(上腕三頭筋)
  • 肩の筋肉(三角筋)

 

腹筋ローラーを使うと腕の引き締め効果もあるので女性にも嬉しいですよね♫

女性に効く腹筋ローラーの部位・効果的な使い方・5つのメリットとは?

 

 

腹筋ローラーで鍛えられる部位③背中の筋肉

 

そして最後に鍛えることができるのが背中にある脊柱起立筋です。

脊柱起立筋は背中の背骨周辺にある筋肉ですが、この筋肉が鍛えられていると姿勢が良くなり、バストアップや二の腕痩せにも繋がってきます。

 

 

腹筋ローラーはローラーを転がし、戻すだけの動作にもかかわらず、様々な筋肉が鍛えられる様々な魅力があるのですが、使い方を間違えてしまうと腕だけや背中だけに筋肉痛が現れます。

多くの筋肉を鍛えられるように思いますが、一番効果があり、一番筋肉痛が出現するのは’’腹直筋’’であるということは忘れず覚えておきましょう!

 

 

 

 

腹筋ローラーで筋肉痛はどこに現れる?

腹筋ローラーによって鍛えられる場所についてはみなさん少しわかってきたと思います。

では、今度は筋肉痛の話!

腹筋ローラーをうまく使えていない人は本来刺激されている証拠の筋肉痛は腹筋に一番強く現れます。

しかし…他の筋肉(腕・肩・背中)が中心となっている人は少し気をつけた方がいいかもしれません…

 

 

筋肉痛が腕・肩・背中現れる場合は要注意!?

あなたは腹筋ローラーを使ってどの部分に筋肉痛があるでしょうか?

 

もし。筋肉痛が腕や肩・背中など腹筋以外の筋肉が中心の場合はうまく腹筋ローラーを使えていない証拠です。

腹筋ローラーはバランスを取るのが非常に難しく、初めての人が立ちコロなんてしよう日にはできて1・2回です。

 

上級者でも難しいのですから…

脇腹・腹斜筋を鍛える腹筋ローラーの正しい使い方〜くびれ・逆三角形を目指す〜

 

腹筋ローラーを初めて一番効果のある腹筋の筋肉痛がきていない場合はフォームも含めて見直しが必要です。(後で詳細説明)

では、腹筋に現れている場合は全てokなのでしょうか…??

 

スポンサーリンク

筋肉痛が腹筋に現れる場合

腹筋ローラーだから腹筋に効果が出ていればいいんじゃない?

確かにそうです。

腹筋に筋肉痛がある場合は一番いい状態と言ってもいいでしょう。

 

しかし、腹筋だけに腹筋が現れている場合や、腹筋の下部に効果が現れていない場合は筋肉を十分に動かすことができていない状態になります。

理想は腹筋(特に腹直筋の上下全体)に一番筋肉痛がきて、腕や背中・肩は2番目に筋肉痛が現れている状態です。

 

理想の状態になると刺激のある筋肉がバランスよく動いている証拠でもありますので、理想形を目指していきましょう!

しかし、理想形を目指したくてもなかなか腹筋ローラーをマスターすることは難しいもの。

そこでどのようにしたら上手く腹筋ローラーを使うことができるのか?詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

腹筋ローラーを効果的に使用して筋肉痛問題を解消!

では、腹筋ローラーを上手く使い、理想形(腹筋(特に腹直筋の上下全体)に一番筋肉痛がきて、腕や背中・肩は2番目に筋肉痛が現れている状態)にするにはどのようにして行けばいいのでしょうか?

腹筋ローラーだけでも難しいのですが、今回紹介する3つのポイントは必ず抑えておきましょう!

 

 

ポイント1;筋肉量をつける

腕や背中ばかりに筋肉痛がある原因として考えられる一つが、そもそも腕や背中の筋肉量が不足しているのではないか?という問題です。

腹筋は筋肉量があるけど、他の部分が少ないために腹筋に刺激があっても腕や背中の筋肉量が不足しているために回数が増やせない・難易度を上げた腹筋ローラーのトレーニングができないのではないでしょうか?

 

そのような場合にはまず、腕や背中の筋肉量をつけ、バランスを保ちましょう!

詳細についてはこちら;腹筋ローラーで立ちコロができない人へ5つのコツを抑えればできる!

 

 

ポイント2;可動域を制限しない呼吸方法

腹筋ローラーを行う呼吸方法の一つとしてよく言われているのは…

  • (腹筋ローラーを)伸ばした時に息を吸う
  • (腹筋ローラーを)縮めた時に吐く

ということ。

しかし、この呼吸方法は一般的に推奨されていますが、一番鍛えたい腹筋の部分の力が抜けてしまうのでオススメできないのです。

 

そこでおすすめなのがこちらの呼吸方法です。

稼働を抑えない腹筋ローラーの呼吸方法

  1. スタートポジションで力が抜けた状態で息を吸う(鼻から吸うイメージ)
  2. 呼吸を止めるか(もしくは軽く息を吸いながら)体をのばす
  3. 伸ばした状態で体を戻す時(一番力が入る時)に息を吐く

 

こちらの呼吸方法を行うことで伸ばした時にお腹の力が抜けず、しっかりと刺激することができるのです。

詳細についてはこちら;効果を倍増させる呼吸を意識した腹筋ローラーの使い方

 

 

ポイント3;背中を伸ばして目線を下げる

初心者女性に多い!腹筋ローラーの腰痛を防ぐ10のやり方・注意点でもあげているように…

  1. スタートはやや背中を丸める
  2. 伸ばした時に腰を反らさない
  3. グリップを持つ時は丸みこむようにする
  4. 力を入れる方向は床を押すようにする
  5. 戻す時は反動を使わない
  6. 腹筋を意識し、肩や腰に余計な力を入れない

というような内容を意識して行ううことはは非常に重要です。

しかし、多くの方が回数を重視している傾向にあります。

 

 

これらを防ぐためには常に目線はおへそを覗き込むようにしておくのが重要でになります。

悪い姿勢の特徴の一つ一つを意識するのは難しいですが、1つの動作・フォームを意識するだけで筋肉の部位への効果も変わってきます。

 

詳細についてはこちら;腹筋ローラーで立ちコロができない人へ5つのコツを抑えればできる!

 

 

他にも腹筋ローラーを使用する前に今回紹介した内容も含めてまとめてありますので参考にしてください!

合わせて読みたい記事

 

 

まとめい

いかがだったでしょうか?

今回は筋肉痛の部位が腕・肩は要注意?腹筋ローラーの効果がない時の対処法についてお伝えしました。

腹筋ローラーを使った理想は腹筋(特に腹直筋の上下全体)に一番筋肉痛がきて、腕や背中・肩は2番目に筋肉痛が現れている状態です。

この状態ができていないということはフォームや呼吸方法の改善をはかりながら正しい筋肉に刺激を感じることができるように今回初回した3つのポイントは意識しましょう!

 

スポンサーリンク