自宅でもジムでもOK!下半身痩せに効果的なチューブトレーニング方法

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回は自宅でもジムでもOK!下半身痩せに効果的なチューブトレーニング方法についてお伝えします。

この記事は

  • 下半身痩せに効果的なチューブメニューを知りたいかた
  • 即効効果のあるチューブトレーニング方法を知りたいかた
  • 美脚・美尻効果を目指す方

におすすめの記事です。

 

 

手軽に痩せたい人はこんなやつもおすすめ!


 

 

ヒナタ
私チューブトレーニング方法は興味があるの!どんな効果があるかも知りたい!

下半身痩せに何もダンベルなどを使った筋トレ方法だけではないのです。

チューブでないと鍛えにくいインナーマッスルもあるのでバランスよく鍛えていくことが最善の方法です!

サラ
チューブトレーニングの効果やメリットもちゃんとお伝えしていきますね!

できるだけわかりやすいように書いていますが何か不明点があれば少しでもわからない!や疑問に思ったことがあれば問い合わせより気軽にご連絡ください♫

 

 

合わせて読みたい記事

チューブトレーニングの詳細についてはこちらも参考ください!

チューブトレーニングのメリット・デメリット・選び方

 

 

 

下半身痩せにはチューブトレーニングがおすすめな理由!

 

こちらはお尻の筋肉の図になります。

器具を使わない下半身筋トレでもダンベル筋トレジムでの筋トレではお尻の横側の中臀筋やインナーマッスルである小臀筋を鍛えることは難しいのです。

また、下半身痩せでいうと太ももも同様に外側の筋肉への刺激が中心になり、インナーマッスルや股関節周囲の筋肉への刺激は小さくなってきます。

 

そこでおすすめなのがチューブトレーニング!

インナーマッスルへの刺激だけ出なくもちろんその周囲にある筋肉も鍛えることができます。

 

チューブトレーニングには他にもこんなメリットがあります。

 

 

メリット・デメリット

チューブトレーニングのメリット・デメリットでもお伝えしている内容になりますが、チューブトレーニングはメリットばかりです。

詳細はこちらを参照ください。

メリット

  • 基礎代謝量がアップして食べても太りにくい体に!
  • しなやかな筋肉を作る
  • 姿勢が良くなり、美しいスタイルに!
  • 簡単・手軽に行える

 

デメリット

ゴム製品にアレルギーのある人の製品が少ない。

しかし、ラテックスフリーゴムバンド・チューブを使用すればアレルギーの人でもチューブトレーニングを行えます。

 

チューブには強度が様々なものがあるので、鍛えたい場所やメニューによって強度を変化させる方がいいでしょう。

例えば二の腕のように下半身に比べて小さい筋肉のトレーニングは強度を小さくするなど使い方は様々です!

 

下半身でいうと何よりインナーマッスルを鍛えることで基礎代謝量が上がり、脂肪燃焼効果が得られるのは大きいです。

小さな筋肉だからこそ、鍛えること・努力することで他との差別化やより早い結果をもたらしてくれます。

 

チューブトレーニングは自宅でもジムでも行えるのでぜひ挑戦してみてください。

では、下半身におすすめなチューブはどのようなものを選べばいいのか?

一つづつみていきましょう!

 

 

下半身痩せトレーニングにおすすめのチューブ一覧

 

チューブの種類には大きく分けて3種類あり、目的や自分のものにあったものを選ぶことが大切です。

と言っても何を選べばいいのかわからない方もいると思うので迷っている人は万能チューブはトレーニングチューブ 5本セットを購入することをお勧めします。

 

まずはこちらです。こちらは管理人の一番のおすすめになります。

というのも強度が5種類あり、ドアノブやドアなど様々な場所に取り付けることができたり、ルーブバンドにすることができるからです。

全てのチューブトレーニングを行うことができます。

 

 

次におすすめなのがこちらのループバンドです。

バンドにあしを通して下半身強化をすることができます。

輪っかになっているので均等に力が加わり、足首などで皮膚トラブルを起こしにくいです。

 

ラテックスアレルギー・ゴムアレルギーの人は少しお高くなりますが、専用のチューブも販売されています。

サラ
私もSulyss トレーニングチューブ 強度別5本セットを使っているけどすごく役立つよ!

これだけあれば正直他のチューブはいらないかも。

チューブトレーニングは女性にオススメのトレーニングですのでぜひ、挑戦して見てくださいね!

 

 

では、チューブを使った下半身トレーニング方法についてお伝えします!

自宅でできる内容になっていますが、もちろん、ジムで行なってもOKです。

密かに特訓して下半身痩せを目指しましょ♡

 

 

 

下半身痩せに効果あり!チューブメニュー6選!

チューブトレーニングと言っても何も難しくありません。

むしろ、ジムマシーンメニューでしか鍛えられないようなメニューも自宅で行うことができるので筋トレの幅を広げることができます。

そして先おどお伝えしたように大きな筋肉だけでなく他の筋トレでは鍛えにくい太もも内側の筋肉やインナーマッスルを鍛えることが可能です。

細かく説明していますが、動作の確認は鏡で確認しながら行う方がいいでしょう。

 

 

チューブデットリフト

デットリフトビック3の一つと言われ、筋トレ種目の王様でもあります。

下背部分やお尻・もも裏を鍛えることができ、多くの筋肉を同時に鍛えることができる魅力的な種目です。

チューブを使うことでバーベルがなくても自宅で簡単に行うことができるのが魅力です。

筋トレ方法・目安・動画

鍛えられる筋肉 

メイン;ハムストリングス・大殿筋(下部)・脊柱起立筋
サブ;僧帽筋・広背筋・大腿四頭筋

目標回数・セット

1セット10回×3セット

方法

  1. 目線は正面を向き、背筋を伸ばし、膝を少し曲げててチューブの中央を踏む。
  2. 背筋を伸ばしたままチューブを引くように立ち上がる。
  3. 立ち上がって胸を張ったらゆっくり1の姿勢に戻していく。

 

ポイント

  1. 膝がつま先より出ないように少し前傾させます。
  2. 背中を丸めたり、膝が出過ぎないようにしましょう。

動画

 

 

チューブアダクション

アダクションは脚を閉じる動きで内腿にある内転筋群を鍛えることができます。

脚を開くので股関節が硬い人はストレッチを行い、負荷の弱いものから取り組みましょう。

筋トレ方法・目安・動画

鍛えられる筋肉 

メイン;内転筋群

目標回数・セット

1セット10回×左右3セット

方法

  1. チューブの中央を片足にかけ、もう一方の足で踏む。
  2. 残りのチューブは体の後ろ側を通して手で持つ
  3. 股関節を軸に足をあげる

ポイント

負荷が弱ければチューブを短く持ちましょう。

動画

 

 

 

チューブアブダクション

アブダクションは脚を開く動作でお尻の外側上部(中臀筋)と太ももの外側を鍛えることはができます。

お尻の上部は鍛えにくく、ヒップアップに効果的です。

今回紹介した方法以外にもチューブを輪っか状にしてたった状態で股関節を中心に足をあげる必要があります。

筋トレ方法・目安・動画

鍛えられる筋肉 

メイン;お尻の外側上部(中臀筋)・太ももの外側

目標回数・セット

1セット10回×左右3セット

方法

  1. チューブの中央を足にかけ、反対側の足でチューブの中央を押さえる。
  2. つま先を真横に向けたまま股関節を軸に足を真上にあげる

 

ポイント

足を上げたときは足先が上を向かないようにする

動画

 

 

 

チューブレッグプレス

レッグプレスは下半身全体を鍛える代表的なトレーニングになります。

下半身のトレーニングでは基本的な多関節種目の筋トレになります。

 

筋トレ方法・目安・動画

鍛えられる筋肉 

メイン;大臀筋・大腿四頭筋・内転筋
サブ;ハムストリング

足の間隔を広げることで内転筋を中心的に鍛えることができますので脚痩せで大腿四頭筋に筋肉をつけたくない人はこちらの方法もおすすめです。

目標回数・セット

1セット10回×左右3セット

方法

  1. 仰向けの状態でチューブの中央に足をかけ、膝が90度になるようにする。
  2. 腕を伸ばした状態で足の曲げ伸ばしを行う

ポイント

  1. 背中を曲げたり、腕を曲げたりしないようにしましょう。
  2. 股関節から足を動かしましょう

動画

 

 

 

チューブレッグカール

レッグカールは膝を曲げる動きで太ももの裏側であるハムストリングを鍛えることができる単関節種目になります。

単関節種目なのでインターバルは1分です。

ハムストリングは太もも前側にある大腿四頭筋に比べて鍛えにくいので行なって欲しいメニューになります。

特にハムストリングを鍛えることは脚やせで効果的です。

筋トレ方法・目安・動画

鍛えられる筋肉 

メイン;ハムストリング

目標回数・セット

1セット10回×左右3セット

方法

  1. リングチューブにしたら片足のかかとにチューブをかけ、反対のつま先で固定してうつ伏せになる。
  2. 膝を30度曲げラバーを引き戻す。

動画

 

 

体幹チューブトレーニング

こちらは体幹で大切なインナーマッスルだけでなく大きな筋肉も鍛えることができます。

ヒップアップや脚やせにとても効果的なのでできるところだけでも行うといいでしょう。

筋トレ方法・目安・動画

鍛えられる筋肉 

メイン;大臀筋・大腿四頭筋・内転筋
サブ;ハムストリング

目標回数・セット

1セット10回×3セット

方法(動画参照)

30cmほどにチューブをリング状にして行います。

腰はやや落とすことでお尻への刺激があります。

種類

  • ウォーキングステップ
  • 斜め全身ステップ
  • 斜め後進ステップ
  • サイドステップ
  • シザーステップ

動画

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は自宅でもジムでもOK!下半身痩せに効果的なチューブトレーニング方法についてお伝えしました

チューブはメリットが多く、安く購入することができるのでぜひ行っていただけたらと思います。

万能なチューブはリングチューブにもなり、強度が違う以下のチューブでした。

今回お伝えした下半身チューブトレーニングはジムに行ってマシンを使わないメニューでも自宅で行うことができます。

少しお伝えした種類が多いかもしれませんが、特にオススメなのはチューブアダクションチューブアブダクションです。

ぜひ行ってみてください!

 

合わせて読みたい記事

チューブトレーニングの詳細についてはこちらも参考ください!

チューブトレーニングのメリット・デメリット・選び方

二の腕のチューブトレーニング方法はこちら!

女性向け筋トレ・ダイエット!二の腕痩せはチューブで引き締めろ!

 

 

スポンサーリンク