初心者のためのおすすめプロテインの選び方〜種類・値段・配合の違い〜

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回は初心者のためのおすすめプロテインの選び方〜種類・値段・配合の違い〜についてお伝えします!

この記事は

  • どのようにプロテインを選んでいいのか悩んでいる方
  • 成分表を見てもさっぱりわからない方
  • 自分にあっているプロテインを知りたい方

におすすめの記事です。

初心者でも分かる内容になっていますので、詳しく見ていきましょう!

 

 

ヒナタ
成分表を見ても全くわからなくて…

よくプロテインの表紙には

  • 必須アミノ酸高配合!
  • 肌も綺麗になるプロテイン!
  • 引き締まる体を!
  • 太りたい全ての方に

などなど色々なキャッチコピーがありますよね。

 

「なんでこんな効果があるの?」と思って裏を見ても横文字ばかり…こんなんじゃどれが本当に大切な成分なのか?

痩せるため・太るため・肌のケアを考える為にはどのようなことに気をつけたらいいのか?わかりませんよね。

 

目的に応じて種類を選んぶのも大切ですが、例えば引き締める・ダイエット目的のソイプロテインでも数多くあり悩んでしまいます。

納得して購入できるように目的に応じた成分の味方をお伝えしていきます。

サラ
今回は一般的に売られているホエイプロテインとソイブロテインの重要視すべきポイントをまとめて行くね!

 

 

 

基本!プロテインの種類と効果で選ぶ

プロテインには3種類のプロテインがあります。

  • ホエイプロテイン
  • ガゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

これら3つの違いは原材料と効果です!

 

ホエイプロテインとガゼインプロテインの原材料は牛乳で、ホエイプロテインはヨーグルトの上澄み’’ホエイ’’を凝縮したもの。

一方、ガゼインプロテインは生乳からできており、ガゼインプロテインだけでの販売はほとんどありません。

 

ソイプロテインは原材料が大豆からできている植物由来のプロテインとなります。

 

 

ホエイ・ガゼインは筋肉の肥大に効果的な必須アミノ酸BCAAを多く含んでおり、ホエイプロテインの方がで吸収率が早い特徴があります。

ソイプロテインは代謝促進や脂肪蓄積抑制効果があるので、ダイエット・減量向けのプロテインといえます。

詳しい内容はこちらで説明しています。

3種類(ホエイ・ソイ・ガゼイン)のプロテインの違い・効果・デメリット

 

 

3種類あるプロテインですが、初心者は筋肉肥大を目的とするならホエイプロテイン、ダイエット・減量目的ならソイプロテインを選びましょう。

また、上級者になると筋トレ後はホエイプロテイン・朝食などはソイプロテインと組み合わせる場合もあります。

それぞれの特徴を理解して組み合わせていくのも効果的です。

減量用ソイプロテインとホエイプロテインの違い・効果・デメリット

筋肉美・太りたい方におすすめ!筋肥大効果のあるホエイプロテイン

 

 

 

プロテインの値段は安ければいい?正しい選び方

次に気になるのがプロテインの値段で選ぶ方法もあります。

販売されているプロテインのほとんどはホエイプロテインとソイプロテインですが、一般的に…

 

ホエイプロテイン>ソイプロテイン

 

のようにソイプロテインに比べてホエイプロテインの方が値段が高くなっています。

高くなりガチなホエイプロテインですが、タンパク質の純度によって値段も変わってくるので予算とタンパク質の量によってあなたにあったプロテインを選んでみてください。

 

 

選び方①タンパク質の量によって値段が変わる

ホエイプロテインはタンパク質の配合量によって値段が変わりますが、当然タンパク質の配合量が高いほど値段が高くなります。

そしてこのタンパク質の量を変えているのが製法の違い。

 

ホエイプロテインは WPC製法とWPI製法という2種類のプロテインの製法があります。

それぞれの値段・タンパク質の純度・向いている人は以下の通り。

 

WPCのホエイプロテイン

タンパク質の純度が80%以下で値段は比較的にリーズナブル。
学生や大量に飲む人向き。

 

WPIのホエイプロテイン

タンパク質の純度が90%前後で値段が高め
上級者、お腹がゆるくなりがちな人、中高年の方、大量に飲む必要はない人向き。

 

製法によって純度が異なりますが、WPC製法のリーズナブルのプロテインでも十分効果があります。

初心者・中級者はリーズナブルなプロテインを継続していけばいいでしょう。

 

 

選び方②グラム量で変化する値段

意外と見落としがちなのがグラム量による値段の変化です。

例えば同じ値段でも1000gのプロテインと950gのプロテインでは950gプロテインの方が高いとされます。

このように量が違うと実際は高くなってしまうなんてことがありますので気をつけましょう。

 

 

ソイプロテインは製法の違いがありませんが、タンパク質を少なくしてビタミンなどミネラルを増やしている場合もあります。

値段に関してはタンパク質の配合量とグラムを気にして選びましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

プロテインの配合はどれを選ぶ?

次にプロテインの配合をみていきましょう。

プロテインは英語でタンパク質という意味ですが、日本ではタンパク質を補充するサプリメントという意味で使用されています。

 

そのためタンパク質を配合しているけど…

  • 筋肉をつけたい人向け
  • 美容向け・女性向け
  • 減量向け
  • 体重を増やす目的

などなど目的は多岐にわたり、それによって商品もいろいろあります。

 

このように種類がたくさんあるのはタンパク質だけでなく、糖質などの成分も含まれているため目的によって選ぶ必要があります。

先ほどのプロテインの種類とは別に配合されている成分とプロテインを大きく分けると

  1. 糖質メインのプロテイン
  2. 糖質とタンパク質が同比率
  3. タンパク質のみ

と分けることができ、3つの目的・効果・特徴の違いは次で詳しく解説しています。

 

 

成分からみる!3つの効果・特徴・対象者の違い

3つの違いに大きく関わってくるのが糖質とタンパク質の配合量の違いです。

よく「太るためのプロテイン」と書かれているのは体を大きくしたい中・高・大学生や大量にエネルギーを消費するマラソンランナーなどは糖質を多く含んだプロテインがおすすめです。

しかし、タンパク質だけを取りたい人はタンパク質のみの大豆プロテインやソイプロテインを選びましょう。

 

3種類の特徴・効果・対象者はこちら

 糖質メインのプロテイン

特徴;糖質とタンパク質の比率が4:1や3:1など、エネルギー源となる糖質がメインとなっているプロテイン。
「ウエイトアップ」「ウエイトゲイナー」などの名前がついていることが多い。

効果;食事以外で糖質を補充することで体重を維持・向上を目的とする。タンパク質も配合されているため筋肉量も維持することができる。

対象;ウエイトトレーニング直後・持久系トレーニング(ランニング)向け

 

糖質とタンパク質が同比率のプロテイン

特徴;糖質とタンパク質の比率が約1:1。ミールリプレイスメントとして呼ばれることが一般的。

効果;糖質を一定に保つことができ、満腹感を維持できる。

対象;補食や間食として取り入れる人向け

 

タンパク質のみのプロテイン

特徴;糖質を配合していない。「ホエイプロテイン」「大豆プロテイン」

効果;筋肉を維持・向上することができる。ホエイ・ソイの種類によって効果は少し違う。
3種類(ホエイ・ソイ・ガゼイン)のプロテインの違い・効果・デメリット

対象;食事の補助として不足しているタンパク質のみを補いたい人向け

 

 

ここで注目したいのが糖質。

初心者の人はタンパク質だけのものをプロテインと呼んでいるのでは?と思ったかたもいるのではないでしょうか?

上記で説明したように目的に応じて糖質とタンパク質の配合量が違ってきます。

 

プロテインに含まれているタンパク質以外の主な栄養素は「マルトデキストリン」という糖質が一般的です。

効果によってこの糖質との配合量を気にしてみましょう。

では、最後に「マルトデキストリン」という糖質について詳しくみていきましょう。

 

 

プロテインに含まれる糖質(マルトデキストリン)って?

プロテインでタンパク質の次に主成分となるのが糖質(マルトデキストリン)です。

このマルトデキストリンとはでんぷんを加水分解して作る糖質で、速過ぎず遅からずの適度な吸収スピードをもつため、エネルギーの補充に適しています。

つまり、マルトデキストリンを含んだプロテインは運動で消費されたカロリーやエネルギー源をタンパク質と一緒に摂取できるということです。

 

太りたくても太りにくい体質の人や大量にカロリーを摂取するアスリートには欠かせない存在ですね!

 

 

 

初心者でも自分でプロテインを選ぶ!まとめ

今回は初心者のためのおすすめプロテインの選び方〜種類・値段・配合の違い〜についてお伝えしました。

まず、目的に応じて種類を選び、タンパク質の配合量や糖質の配合量・値段を含めてあなたに合ったプロテインを選んでください。

 

3種類あるプロテインですが、初心者は筋肉肥大を目的とするならホエイプロテイン、ダイエット・減量目的ならソイプロテインを選びましょう。

値段に関してはタンパク質の配合量とグラムを気にして選び、目的によってタンパク質のみか?タンパク質と糖質を含んだものか?と選んでいくと必然とあなたに合ったプロテインが見つかるはずです。

 

追伸

もしあなたが無理な食事制限なく、1日たった15分の運動をするだけで1ヶ月で5kg以上のダイエットをすることができたら信じられますか?

そんなの高額なサプリとか器具を使ったんじゃないの?」

「どうせ高級ジムでの結果でしょ?」

と思われるかもしれませんが、

 

断言します。

「正しい方法と手段で継続すれば誰にでも実現可能です。」

 

夜勤もあって忙しい看護師でも1ヶ月で6kg、2ヶ月で約11kg減量することができたのです。

かかったお金は1ヶ月約3800円。

ジム通いなし、高級サプリメントなし、自宅で1日15分の運動で実現した内容の一部を現在無料で公開しています。

 

 

今までダイエットに失敗してきた人でも

「あ!ここがダメだったんだ」「次は成功できる!」

と思える内容になっています。

 

現在は期間限定無料公開をしていますが、いつ無料期間を終了するかわかりません。

なので今ダイエットに成功したい・痩せたいと思う人は必ず確認してください。

 

 

追伸2

親戚のおばさんがダイエット商品だけで既に100万費やしている万年ダイエッターでした。

何回もダイエットをするダイエッターをなくすことが’今行いたいことです!!

 

「あなたは一生ダイエットする人生を歩み続けますか?」

 

 

 

 

スポンサーリンク