痩せたいのにプロテインで 女性が太る理由・原因と太らない飲み方

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回は痩せたいのにプロテインで 女性が太る理由・原因と太らない飲み方についてお伝えします!

この記事は

  • プロテインで太る原因について知りたいかた
  • 太らないための飲み方を知りたい方

におすすめの記事です。

引き締めボディを作るために太る原因を知り、避けていきましょう。

 

 

 

ヒナタ
プロテインって太るの!?

プロテインは飲み方を間違えたり、飲むタイミングを間違えたり、運動をしないで飲み続けると太ってしまう可能性があります。

 

プロテインダイエットなどありますが、飲み方を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。

特に脂肪を蓄積しやすい女性は気をつけていかなければいけません。

 

サラ
具体的に太る原因と対策をお伝えしていきますね!

 

 

スポンサーリンク

 

そもそもプロテインは飲んでも太りにくい飲み物!

プロテインはタンパク質が大量に含んでいる粉末飲料になります。

タンパク質の他にもミネラル・ビタミン・アミノ酸・食物繊維などなど様々な不足しがちな栄養素が含まれています。

 

栄養素がいっぱい含まれているから太りやすい?と勘違いしているかも知れませんが、プロテインはそもそもタンパク質を補充ためのサポート飲料であり、筋肉を作るために必要な要素が含まれています。

 

一部を紹介すると…

・脂肪蓄積予防作用

・筋肉を作り基礎代謝を上げる→消費エネルギーを上げる作用

などがあります。

 

でも、これだけではありません。

プロテインを摂取してもそのほとんどは体内で消費されて蓄積されるカロリーは少ないのです。

 

 

太らない理由;タンパク質のカロリー30%が消費されてしまう

プロテインの裏側を見ているとタンパク質量が書かれています。

そのうちタンパク質を摂取しても体内で消費されるのは30%もあるそうです。

ちなみに糖質は6%、脂質は4%消費されます。

 

 

タンパク質・脂質・糖質をそれぞれ100gとした場合の表で見て見ましょう。

※プロテインの種類によって3項目の配合量が異なるため詳細はお飲みのプロテインを参照ください。

消費さえるエネルギー 適応カロリー
タンパク質 30% 30g
脂質 6% 6g
糖質 4% 4g

 

しかし、このように太りにくいプロテインでも太ってしまうケースもあります。

次の項目ではプロテインで太る原因を詳しく見ていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

なんでプロテインを飲むと太るのか?

プロテインで飲んでしまう原因についてお伝えしていきます。

様々な原因が考えられ、年齢や生活習慣などによっても異なってきますが、一般的にプロテインで太る原因としては外部要因(プロテイン以外の要因)と内部要因(タンパク質の飲み方の問題)の2つの傾向があります。

 

具体的には…

  • 食事のコントロールをしていない
  • 過剰なタンパク質量の摂取
  • プロテインを溶かす乳脂肪分を大量にとっている

の3点です。

 

その理由について詳しく説明していきますね!

 

 

食事のコントロールをしていない

プロテインに関係なく暴飲・暴食のパターンです。

特にソイプロテインは脂肪の蓄積を抑える効果があるとされていますが、食事を過剰に摂取してしまっては意味がありません。

(プロテインの効果でカバーできないのです。)

 

 

基本ですが、プロテインは痩せる薬ではないのです。

摂取カロリ<消費カロリーもしくは糖質を抑えることが食事コントロールの鉄則です!

 

 

過剰なタンパク質量の摂取

次に考えられるのは、ダイエット効果があるからといってプロテインを大量にとってしまうことです。

今や美味しい味のプロテインが多く販売されているのでダイエットにいいからと言って何杯も…なんてことをしていたら過剰摂取となってしまい、太る原因となってしまいます。

また、炭水化物とプロテインを併用してしまうことも過剰摂取の原因になります。

 

 

何事も食事・運動・プロテインのバランスが大切になってきます。

他にもプロテインを飲む時の飲み物についても気をつけなければいけません。

 

 

プロテインを溶かす乳脂肪分を大量にとっている

プロテインを飲むときに水や牛乳・豆乳で薄めている人がほとんどだと思います。

水の場合はカロリーがありませんが、牛乳1杯200gは134kcal、タンパク質6.6g、脂質は7.6gになります。

牛乳を大量に摂ってしまうと乳脂肪分の大量摂取にもなり太る原因にもなります。

 

では、飲み過ぎもだめとなっていては筋肉をつけることもできませんし、美味しく飲むことができません。

しかし、プロテインの種類や飲むタイミングを知ることで太ることを抑えることができるのです。

 

 

 

痩せるためのプロテインの種類とは?

痩せるためのプロテインとはどのようなものがいいのでしょうか?

 

プロテインには大きく分けてホエイプロテイン・ガゼインプロテイン・ソイプロテインの3種類があります。

その中でも一般的に売られているホエイプロテインとソイプロテインのどちらがダイエット向きなのか見ていきましょう!

3種類のプロテインの違いについてはこちら!3種類(ホエイ・ソイ・ガゼイン)のプロテインの違い・効果・デメリット

 

 

ホエイプロテインは太る?

ホエイプロテインは動物性のプロテインであり、原材料は牛乳です。

吸収力は早く、筋肉を肥大させたり、太るのに適切です。

 

このようなことを考えるとホエイプロテインはやめた方がいいのでは?

と思うかもしれませんが、運動をする方は運動直後に飲むことでボディメイクに効果的で、結果的に痩せる(=引き締まる)ことも考えられます。

ホエイプロテインのメリット・デメリットはこちら→筋肉美・太りたい方におすすめ!筋肥大効果のあるホエイプロテイン

 

 

一般的にダイエット’に向いているとされているのがソイプロテインです。

ソイプロテインは太らないのか?という視点でも解説していきます♫

 

 

ダイエットの定番ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆由来のプロテインであり、食物繊維を多く含んでいるものが多く、ヘルシーなことからダイエット・減量向けと言われています。

ソイプロテインは

  • アレルギーが少ない
  • 筋肉量の増加に必要な必須アミノ酸が含まれている
  • 代謝を促進してくれるため減量やダイエット向け

 

運動の予定がないなどの人はとりあえずソイプロテインから始めてみるのがいいでしょう。

ソイプロテインの効果・デメリットの詳細はこちら

減量用ソイプロテインとホエイプロテインの違い・効果・デメリット

 

 

プロテインを正しく理解してもの味方・正しい飲み方をマスターしなければいけません。

次の章で詳しく解説していきますね♫

 

 

 

痩せるためのプロテインの正しい飲み方・タイミング

痩せるために運動直後はホエイプロテイン、運動直後の方が吸収率がいいとされています。

様々なダイエット方法がありますが、プロテインの正しい飲み方やタイミング’について学んでいきましょう!

 

 

食事置き換えダイエット

まずは置き換えダイエっト!

置き換えダイエットとは食事を食べず、もしくは軽く食べる前にプロテインを飲む方法です。

プロテイン自体が満腹感を得られるので食事をセーブしても緩やかな血糖上昇・カロリー制限でダイエット効果を期待することができます。

 

 

食事前にプロテインを飲んで食欲を抑える!

空腹時に食事をとると食事のスピードが早くなり、太る原因でもある糖質を増やす原因となってしまいます。

しかし、食事前にプロテインを飲むことで食事量を抑えることができるのです。

そのため、食事前にプロテインを飲んで、食事量を抑えることで食費を抑えることができるのです。

つまり、浮いた食費でプロテインが買えちゃう!!ってことですよね♫

 

 

減量の強い味方〜!ダイエットにもおすすめ!

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は痩せたいのにプロテインで 女性が太る理由・原因と太らない飲み方についてお伝えしました。

女性がプロテインを飲んで太る理由としては…

  • 食事をコントロールしていない
  • 過剰な摂取(炭水化物とプロテインの併用摂取など)
  • プロテインを飲む時の牛乳などで乳脂肪分を大量にとっている

という3点でした。

太らないためのプロテインとしてはソイプロテインがおすすめですが、ホエイプロテインは筋肉を増強するBCAAが大量に配合されているので運動直後にもおすすめです。

 

飲むタイミングと適切な種類を選んで運動・食事のバランスをとっていけば決して太ることはありません!

正しい知識でプロテインダイエット・筋トレを進めていきましょう!!

 

 

スポンサーリンク