減量用ソイプロテインとホエイプロテインの違い・効果・デメリット

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回は減量用ソイプロテインとホエイプロテインの違い・効果・メリット・デメリットについてお伝えします!

この記事は

  • 筋肉をつけるプロテインと減量用プロテインの違いについて詳しく知りたい方
  • ソイプロテインの効果・デメリットについて知りたい方

におすすめの記事です。

プロテインには様々な種類があります。その違いを皆さんは理解して選んでいるのでしょうか?

今回はプロテインの違いについてお伝えしていきます。

 

 

 

ヒナタ
プロテインの種類って本当にいろんなのがあって迷っちゃうよね〜

プロテインは体を大きくするホエイプロテインや大豆由来のソイプロテインが色々あります。

有名なザバスでも引き締まった体を作る!などプロテイン初心者にもわかりやすいような説明もありますが、購入する時に「本当に?』と思ったりしませんか?

 

購入時に悩む筋肉をつけるプロテインと減量用のプロテインの違いについて正しく知り、目的に応じたプロテインを選んでいきましょう!

サラ
私もプロテインの種類には悩むの…ここでしっかり学んでいきましょうね♫

 

 

スポンサーリンク

 

引き締まった筋肉も大きな筋肉も同じプロテインからできる

 

みなさんは

減量用プロテイン=引き締まった筋肉を作ることができる

普通のプロテイン=大きな筋肉を作ることができる

と思っていないだろうか?

しかし、これは間違った考えなのです。

 

まず、減量用のプロテインでも筋肉を大きくするプロテイン(普通のプロテイン)でも引き締まった体も大きな筋肉も作ることができるということを覚えておいて欲しい。

 

「え?」と思うかもしれないが、基本はどのプロテインでも理想のボディを作ることができる。

では、同じプロテインで違う筋肉を作ることができるのはなぜか?それはトレーニングの内容・回数・速度によって作られる筋肉は異なってくるのである。

 

ヒナタ
トレーニングにおいて作られる筋肉を変えることができるんだったら、どのプロテインを飲んでも同じじゃない?
サラ
そこはプロテインの吸収によって作りやすい筋肉は違ってくるのよ〜

 

プロテインの吸収についていきなり説明してもなかなかイメージできる人も少ないでしょう。

なので、まずは普通のプロテイン・減量用プロテインの特徴から違いを見ていきましょう。

 

 

 

普通のプロテイン=筋肉をつけるプロテイン!?

 

こちらはプロテインの有名メーカーザバスから販売されている筋肉をつけるプロテイン(ホエイプロテイン)です。

 

そもそも普通のプロテインってなんだ!?って感じですよね。

数あるプロテインの中から普通のプロテインがどれか定められている訳ではありません。

 

プロテインには大きく分けて

  • 筋肉をつける目的のホエイプロテイン
  • ガゼインプロテイン
  • 減量・ダイエット向けのソイプロテイン

の3つに分けることができます。

 

どちらもタンパク質を摂取する面では優れたサポート飲料です。

(しかし、吸収率などからその作用は異なってくる)

 

これら2つの種類が大きく分けられている中、多くの場所で普通のプロテインと言われているのが筋肉をつける目的のホエイプロテインです。

 

このホエイプロテインは動物由来のたんぱく質となっているため、腸でたんぱく質の吸収が早いのが特徴です。

筋肉美・太りたい方におすすめ!筋肥大効果のあるホエイプロテイン

 

では、減量用プロテイン(ソイプロテイン)と何が違うか見ていきましょう。

 

 

 

減量用プロテインの違いは動物由来か植物由来

 

以前愛用していたソイプロテインのウェイトダウン!!

 

減量用プロテインは’’ソイ’’とついているように、大豆由来のプロテインなのです。

原成分が大豆か動物かということは筋トレをした後の吸収率や体に与える効果が全然違ってくるのです。

 

つまり、

減量用プロテイン=引き締まった筋肉を作りやすい

普通のプロテイン=大きな筋肉を作りやすい

ということです。(さっきのように必ずではなく、トレーニングによって同じプロテインでも変化することもできる)

 

 

減量用のプロテインでも大きな筋肉を作ることはトレーニングの内容によってできますが、より早く効果を求めたいならホエイプロテインを飲んだ方がいいということなのです。

また、ダイエットや減量・引き締まった体作りを目的としている人はホエイプロテインより減量プロテインを飲んだ方がより早く成果を達成できます。

 

ヒナタ
なんで植物由来と動物由来のプロテインによって効果に違いが出てくるの?
サラ
その理由はソイプロテインがダイエットや減量に向いている理由を見れば一目瞭然よ!

 

 

 

ソイプロテインがダイエットや減量に向いている理由・効果


ソイプロテインのデメリット;飲みにくさが全然ない愛用プロテイン

 

大豆由来のプロテイン;ソイプロテインが減量プロテインと言われている4つの効果は以下の通りです。

  1. 代謝をあげ、引き締める効果
  2. 抗酸化作用・ホルモンバランスを整える
  3. 筋肉を成長させるアミノ酸が配合されている
  4. 食欲や体脂肪の蓄積を抑えたりする
  5. 血糖値の上昇を抑える「食物繊維」などを配合

を見ていただくと体を引き締める効果だけでなく、太らないように血糖値の上昇や体脂肪の蓄積を抑える効果がある。

 

これは大きな筋肉を作るホエイアミノ酸にも必要な要素であるが、植物由来のソイプロテインと動物由来のホエイプロテインでは、これらの理由の他に、筋肉の成長に欠かせないアミノ酸の配合量や吸収量が違うのです。

 

アミノ酸と吸収量の違いについても理由毎に詳しく解説していきます。

 

 

効果①代謝をあげ、引き締める効果

ソイプロテインには多くのタンパク質が含まれています。

タンパク質は筋肉だけでなく、髪や肌ツヤに影響してくる体にとって重要な栄養素ですが、1日に必要なタンパク質量を取ろうとするとささみ4本・卵10個などなどかなり大変な思いをして取らなくてはいけません。

 

しかし、ホエイプロテインやソイプロテインによって必要量を取り続け、運動をすることで筋肉量や筋肉率、基礎代謝量が増え、引き締まった体を作る効果があります。

 

 

効果②抗酸化作用・ホルモンバランスを整える

大豆に含まれるイソフラボンやサボニントいう成分は抗酸化作用、コレステロール、ホルモンバランスを整える働きがあります。

外食が多い・偏った食事をとることが多い現代人にとってはコンディション維持にも良いプロテインといえます。

1食ソイプロテインに置き換えるだけでもダイエット効果だけでなくホルモンバランスを整えてくれ、バランス良い食生活になります!!!

 

スポンサーリンク

 

効果③筋肉を成長させるアミノ酸が配合されている

筋肉づくりに重要な働きをする代表的なアミノ酸として、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)、グルタミン、アルギニンなどがあります。

ソイプロテインとホエイプロテインに含まれるこれらのアミノ酸量を比較すると、BCAAの量ではホエイプロテインに軍配が上がりますが、グルタミン、アルギニンはソイプロテインの方が多く含まれます

 

多くの人は筋肉量を増やす面においては筋肉の成長に必要なアミノ酸を多く含み、吸収率の高いホエイプロテインの方が優れているように思われがちです。

しかし、筋肉の分解を防ぎたい時期はソイプロテイン、筋肉量を増やしたい時期はホエイプロテインと使い分けるのもおすすめです。

 

効果④食欲や体脂肪の蓄積を抑えたりする

減量用のプロテインには、食欲や体脂肪の蓄積を抑えたりする「ガルシニア」といった成分が含まれています。

ガルシニアは中性脂肪の蓄積を抑える効果があるので、体重を落とさずに引き締めたい人にはおすすめです。

 

 

効果⑤血糖値の上昇を抑える「食物繊維」などを配合

減量用のプロテインには血糖値の上昇を抑える「食物繊維」などを配合した商品も多くあります。

食事をとると血糖値は上昇し、この時に糖が蓄積し、太る原因になるのですが、プロテインに配合されている食後血糖を抑える効果は糖の上昇を緩やかにすることで太りにくい体を作ることができるのです。

(糖の上昇を抑える成分内容はプロテインによって異なる)

 

そのため、食事の30分ほど前に飲む事で満腹感を得ることができ食事の量自体を減らすことが出来たり、食事での血糖値の上昇を抑えることで脂肪の蓄積を緩和することが期待できます。

 

 

このように’’太りにくい体’’を作ってくれるためダイエットを目的としている人は食事の前や運動後に飲むことをおすすめします。

ダイエットにおいては運動+プロテインだけでなく食事管理も必要になってきますが、食事管理によって例え筋肉を作るため(引き締める為)に必要なたんぱく質の摂取量が減ってもプロテインで補ってくれるメリットがあります。

 

 

 

減量用プロテインのデメリット

ダイエットや減量においてメリットがたくさんあるソイプロテインですが、ホエイプロテインに比べてデメリットもあります。

それは…

 

  • ホエイプロテインに比べて体に吸収されにくい
  • ホエイプロテインに比べて飲みにくい

 

ということです。

体への吸収率については食物繊維が大豆由来の為ホエイプロテインに比べて多く含まれている為消化・吸収するのに時間がかかってしまうのです。

また、飲みにくい点においては固形物を粉末にしているので水分にも溶けにくく、ザラザラした舌触りがあるのです。

しかし、現在はソイプロテインの味や舌触りはかなり改良されていて、豆乳で割ったりなど工夫することでかなり飲みやすくなっています。

 

 

体が痩せるため!と思って我慢できる範囲ですし、むしろ飲みやすいものもあるのであなたに合うソイプロテインを選んでみてください!

 

 

 

こんな人は減量用プロテインがおすすめ!

 

では、ここまでソイプロテインのメリット・デメリットをお伝えしていきましたが、あなたには減量用のソイプロテインがおすすめかなのか?みていきましょう。

 

ソイプロテインがおすすめの人!!!

  • 女性らしいしなやかな筋肉をつけたい
  • 引き締まった体を身につけたい(男性なら細マッチョ)
  • ダイエット目的で運動をしている
  • マラソンの為にボディメイクしている
  • 筋肉の分解を抑えたいオフシーズン

 

ソイプロテインがおすすめではない人

  • ボディービルダーのようになりたい
  • 大きな筋肉をつけたい
  • 筋肉を太らせたい

 

などそれぞれの成分によって効果が違うのであなたに合うプロテインを選んでみてください。

ダイエット目的でプロテインを使用する場合には必ず運動をしてくださいね♫(運動なしのプロテインは減量用でも太る元になりかねないので!!)

 

 

 

まとめ

今回は減量用プロテイン・筋肉をつけるプロテイン・普通のプロテインの違いと選び方についてお伝えしました。

減量用であるソイプロテインでも筋肉をつけるホエイプロテインでもトレーニングの内容によっては引き締まった筋肉も大きな筋肉も作ることができます。

しかし、ソイプロテインの効果を考えると引き締まった筋肉をつける為には欠かせないプロテインの種類です。

大切なのは・目的に応じた正しいトレーニング・正しい食事・正しいプロテインです。

 

これらの組み合わせであなたがどのように変化できるかが変わってきます。

しかし、ソイプロテインは女性全般+細マッチョを目指す男性であれば是非活用したいところです。

(プロでもオフシーズンはソイプロテインもgood)

 

あなたの目的に応じてプロテインを選んでいきましょう!

スポンサーリンク