筋トレ・ダイエット中の食事メニュー;コンビニ派の昼食にプラスしたい食品とは?

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回は筋トレ・ダイエット中の食事メニュー;コンビニ派の昼食にプラスしたい食品とは?についてお伝えします!

この記事は

  • 昼食がコンビニ中心の人
  • コンビニ食で不足している栄養を知りたい人

におすすめの記事です。

ダイエット中のコンビニ食は手軽ですが、気をつけなければいけないこともあるのです。

 

 

合わせて読みたい記事

 

 

 

<スポンサーリンク>


 

 

 

コンビニ派の3つの食事パターン

ヒナタ
コンビニの食事って簡単で手軽だからついつい…でもサラダなら太らないでしょう?
サラ
サラダだけだと太りやすい体になっちうよ!不足しがちな栄養を学ぼう♫

時間がない社会人にとって簡単に・手軽に買うことができるコンビニ食はお弁当を持っていく手間も省けますし種類も多いのでついついとっていますよね?

でも、コンビニ食には不足しがちな栄養素もあるのです。

多くの人が購入している3つのパターンから食事の改善点を探っていきましょう!

 

 

栄養不足ランチ3つの問題パターン

今回紹介する3つのコンビニ食パターンは「働き世代におけるコンビニランチ実態調査」で全体の43.7%を占める結果となったそうです。

 

①ダブル糖質ランチ

ダブル糖質ランチはカップ麺とおにぎりなどといったように炭水化物を2種類摂取しているパターンだ。

カップラーメンはコンビニでも100円前後、おにぎりも100円前後で購入できるため安くお腹を満たすことができる。

また、ランチといえどもゆっくり食事をとることができないサラリーマンにおいては重宝しているのだろう。

 

そのため、ダブル糖質ランチは全体の29.7%と約3人に1人の割合を占めている。

多くの人がこのような経験はないだろうか?また、ダブル糖質ランチが定着していないだろうか?

 

もし、あなたが当てはまり、現在ダイエットや筋トレ中であればすぐに改善が必要です。

また、健康維持のためにもダイエットや筋トレ中でなくても改善した方がいいといえます。

 

 

②パンのみランチ

惣菜パンや菓子パンなどといったパンのみを摂取しているパターンも上位を占めています。

おにぎり同様片手に持ちながら食べることができるため、パン好きの人や社会人に多く見られるそうです。

後述しますが、もちろん、パンだけの人にも不足している栄養、プラスしたい食品があるのですう。

 

 

③サラダのみランチ

最近はサラダチキンやサラダの袋売りなどで安く野菜をとることができるためサラダのみやサラダと野菜ジュースなどといった組み合わせもあるようです。

野菜を摂取しようと心がけるのはいいことですが、やはり、サラダだけでは栄養は不足してしまいます。

また、ダイエット中にサラダだけでダイエットを行うことは栄養素の不足からリバウンドの可能性もあるのです。

 

では、これら3つのパターンから不足しがちな栄養素は何か見ていきましょう。

 

 

不足しがちな栄養素とは?

3つのパターンを比べてみると全体的にどれも偏っているのである。

確かにお腹を満たすには①や②のような食事は安く手軽に摂ることができる。

一方、③のようなサラダのみの食事では野菜が採れているように思えるが、ほとんどが水分のため栄養価はミネラル成分が多く、偏ってしまう。

 

これら3つに共通して不足しているがカルシウムと食物繊維である。

 

他にもそれぞれ問題点があるので一つづつ見ていこう。

まず、①のダブル糖質ランチは塩分のとりすぎである。

カップラーメンは塩分が多く、おにぎりも塩を使っていたり冷めてもしっかり味がするように濃いめに味付けされている場合が多いので塩分過多となってしまっている。

 

次に②のパンのみのランチは脂質の割合が多い

これはパンを製造する時に使用されるバターが原因である。他にも惣菜パンはマヨネーズやチーズなどを使用している場合が多いので脂質が多くなっているのである。

また、たんぱく質が少ないのも問題である。

 

③のサラダは一見野菜を多く摂り、いいように見えるが、仕事に必要な炭水化物とたんぱく質が不足している。

仕事をするのに頭の回転が必要なデスクワークや体力を使う営業職の人にとってはエネルギー源である糖質の摂取は必要になってくるのでサラダだけでは栄養をまかなえるとは言い難い。

 

 

このように3つのパターンを見ても不足している栄養がそれぞれあることがわかってくるのである!

では、3つの食事で不足しているカルシウムと食物繊維やそれぞれの不足分を補うにはどのようにした方がいいのかみていこう。

 

 

 

プラスしたい食品・改善点

先ほど不足しているものはカルシウム・食物繊維・たんぱく質が主に不足していましたね!

では、これらを補うためにはどのようにすればいいのか?

コンビニに売られているもので考えていきましょう。

 

不足栄養素 補足食品
カルシウム
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • チーズ
  • 魚の缶詰

(鯖の味噌煮・イワシの蒲焼など)

食物繊維
  • ゆで卵
  • ヨーグルト
  • 枝豆
  • 納豆
  • 豆乳
  • サラダチキン
  • 魚の缶詰
たんぱく質
  • 枝豆
  • 納豆
  • 野菜ジュース
  • 春雨スープ

 

不足しているものを組み合わせてもらえればそれに越したことはないですが、迷ったときはヨーグルトや魚の缶詰、野菜ジュースを摂ることをお勧めします。

この3つはどのコンビニでもあり、手軽・安く摂ることができる点でもおすすめです。

 

他にも3つのパターン毎の改善点を見ていきましょう。

 

 

ダブル糖質ランチの改善点

糖質ランチの問題点としては塩分が多いことである。

カップラーメンを春雨スープにしたり、大麦が入った栄養補助食品にすることで食物繊維をとり、塩分摂取を減らしことがポイントです。

おにぎりは和食のイメージもあるので魚の缶詰をプラスしたり、チーズをプラスすることもおすすめです。

 

 

パンのみランチの改善点

パンのみランチの問題点は脂質が多いことである。

そのため、パンを1つに減らしてその分ヨーグルトや野菜ジュースをプラスして見てはいかがでしょうか?

また、パンに合う豆乳や牛乳もおすすめです。

パン1つで満腹感を得られない方はヨーグルトや野菜ジュースを先に摂取することをおすすめします。

 

 

サラダランチの改善点

サラダランチの問題点はたんぱく質や炭水化物が不足していることでした。

サラダに合うサラダチキンやゆで卵をプラスし、たんぱく質を補い、春雨スープなどで食物繊維を入れると共にサラダで冷えがちな内臓を温めてあげることでダイエット中にもおすすめです。

 

 

<スポンサーリンク>



 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は筋トレ・ダイエット中の食事メニュー;コンビニ派の昼食にプラスしたい食品とは?についてお伝えしました。

コンビニ食は多くの人は3つのパターンで食べていることが多く、問題点と改善点は以下の通りでしたね。

 

ダブル糖質ランチ

カップラーメンとおにぎりなど炭水化物をダブルで摂っている人のことを指し、コンビニ食をとっている3人に1人はダブル糖質ランチでした。

ダブル糖質ランチはカルシウム・食物繊維が不足し、塩分が強いのが特徴です。

改善するにはカップラーメンを春雨スープにし、魚の缶詰やチーズをプラスした方がいいでしょう。

 

パンのみランチ

パンのみのランチはパン2つなど手軽に食べられ、安くすみ、お腹がいっぱいになるのでパン好きには多いようです。

しかし、カルシウム・食物繊維の不足や脂質が多いという問題点もあります。

そこで、パンを一つに減らし、ヨーグルトや野菜ジュースをプラスすることで改善できます。

パン1つで満腹感を得られない方はヨーグルトや野菜ジュースを先に摂取することをおすすめします。

 

サラダランチ

サラダランチはサラダだけという方です!

サラダだけだと午後の集中力や体力のエネルギー源であるたんぱく質やカルシウム・食物繊維が不足してしまいます。

サラダチキンや野菜ジュース、春雨スープを追加すると満腹感も得られます。

 

このようにコンビニにある食品の組み合わせを少し変えるだけでも栄養のバランスを補うことができ、ダイエットにもいいのでぜひ改善して見てください!

 

スポンサーリンク