ダイエットで「1日3食しっかり食べた方がいいは嘘?」朝食抜きで快適に動けるのか?

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回はダイエットで「1日3食しっかり食べた方がいいは嘘」朝食抜きで快適に動けるのか?についてお伝えします!

この記事は

  • 1日3食しっかり食べることがダイエットにいいと思っている方
  • 朝食抜きと1日1食など適切な食事方法を知りたい方

におすすめの記事です。

昔は朝食を食べない家庭と食べる家庭の勉強の良さが違ったりと朝食を食べることを推進されてきましたが、最近はそうでもないようです。

その詳細についてお伝えします。

 

 

合わせて読みたい記事

 

 

 

ヒナタ
3食食べなさい!ってお母さんから言われてきたけどそうでもないんだね!

成長期のお子さんにこれが当てはまるかは別問題ですが、現在は1日1食のススメなど1日3食にしない方がいいという話もあります。

では、これらの根拠となるのはなんでしょうか?

1日3食がいいのか?1日1食がいいのか?1日2食がいいのか?見ていきましょう。

サラ
私は14年くらい朝食を食べない生活を続けていて昔は怒られたけど、今となってはよかったのか〜って思ってるよ!

 

スポンサーリンク

 

 

 朝食は抜いた方がいい本当の理由

私が以前銀座JMSダイエット10日間無料に参加した時、カウンセラーの人から食事制限や排便状況などを詳しく聞かれました。

銀座JMSダイエットは内科クリニックと連携しているダイエットサポートをしてくれ、自然食品から作られた漢方で体質改善を行なっていくというもの。

 

そこで衝撃的なことを聞かされたのです!

「朝食は食べない方が痩せやすい体になってくる」

 

私はもともと14年間朝食をとらない生活を続けていました。

朝とるのは牛乳かお茶のみ。

 

できるだけいっぱい寝たい…という理由で朝食はとらないで朝の支度を初めていたのです!

しかし、14歳からそんな生活だったのでそれが痩せる体質なのかはわかりませんでした。

 

カウンセラーの人の話になると起きたばかりの体に糖分の多い物や固形物を流し込むと…血糖値が上昇し、糖の吸収率が上がり。太りやすい体なってしまうのです。

 

 

ほう〜なるほど。看護師をしている私でも少し理解できます。

でも、今まで学校で教えてくれていたのはなんだったの?と思いますよね!

そこですでに実験結果が出ている内容とともに照らし合わせてみました。

 

 

 

朝食抜きは食習慣の変化を急にすると体重が増える?

銀座JMSダイエット10日間無料で得た知識というのはとても参考になるものばかりでした。

体験談はこちら

銀座JMS「10日間無料ダイエット」に参加して何キロ痩せることができるのか?

 

 

でも普通に疑問に思ったのが

  • 3食食べると血糖値が維持されて痩せやすい体になる
  • 3食食べないと頭が回らない
  • 朝食を抜くと太りやすい体になる。

という固定概念。

 

確かに胃や脳が休んでいる状態で固形物を流し混んだら不消化のまま腸へ流されてしまい、血糖が高くなる可能性があります。

しかし、上記のような糖分が不足しているために頭が回らない可能性もあります。

 

ちょっと気になったので調べて見たところ…

 

「朝食を抜くと心臓や血液の健康に悪影響をもたらす」とか、「朝食を食べている生徒の方が学校の成績が良い」とか様々な実験が行われています。

しかし、こうした調査をよく読むと、ほとんどは観察研究なのです。

 

つまり、既存のデータを眺めて仮説を導き出そうとしただけで、被験者グループを一定の条件下に置いて実験を行う介入研究とは異なります。

報告を出しているのが最終的にどうなったかという長年にわたるデータがないということです。

 

ここで食習慣の変化をすると体重が増えることが判明した研究をお伝えします。

 

 

研究結果からわかる本当の理由

ボランティアの被験者を朝食を食べるグループと食べないグループに分けて、毎日そうするように指示し、研究を行った結果が臨床栄養学の学術誌『The American Journal of Clinical Nutrition』で去年発表されました。

 

食べるグループなら1日も朝食を抜かさない、食べないグループなら毎日抜かすという内容です。

結果的に、16週間後に身体測定を実施したところ、有意な体重減少が見られた被験者は1人もいませんでした。

全体の平均では、減量したのはわずか1ポンド程度(約0.5kg)

 

グループ全体では、朝食を抜かそうが食べようが、体重にはまったく影響しなかったのです

 

この研究結果から朝食なんて、食べても食べなくてもどちらでも良いということです

 

 

なんでJMSは朝食抜きを推奨し、ダイエットに成功することができるのか?

先ほどの話に戻りますが、朝食を抜いても有意義な結果が認められなかったのに銀座JMSダイエットはダイエットの成功率は97%を超えます。

ではなぜ銀座JMSダイエットはダイエットに成功することができるのでしょうか?

 

それは体の体質を変えることを目的としているからです。

 

食事習慣を変化してもたらせ、体重が増減したとしても脂肪を燃やす褐色細胞などの活力をあげることでダイエットを成功する・リバウンドしにくい体質になるということです。

しかもサプリメントを飲むだけですのでとても簡単!

詳しくは銀座JMSダイエット10日間無料に参加し、内容を聞いてみる方がいいでしょう。

 

私も参加しましたが、専属カウンセラーがとてもためになることを教えてくれます。

体験談はこちら銀座JMS「10日間無料ダイエット」に参加して何キロ痩せることができるのか?

 

 

 

結局朝食を抜いた方がいいのか?3食食べた方がいいのか?

食事を食べる時間やタイミングについてはあなたが行っているダイエットの方法についても変わってくるので一概にこれがいいというのはありません。

 

例えば、糖質制限をしている人であれば1日の食事は3食とった方がいいです。

1回の食事で得られる糖質が少ないために、朝食を抜いてしまうと頭の回転が遅くなってしまったり、低血糖症状(めまいがする・手足が痺れる)を感じる恐れがあるからです。

 

普通に食事制限も運動もしたくないという人は朝食から抜くことや減らすことから初めることをおすすめします。

1日1食であれば食事する時間も抑えられます。

しかし、血糖値の上昇や下降を考えた時にメインとなる食事は1回で間食が必要になってくるかもしれません。

 

1日1食も結局は食事をコントロールし、トレーニングすることには変わりありませんから。

 

 

このように必ずしも3食食べて痩せるというのは嘘で、大切なのは食事を食べる時の状態です。

空腹時の時間を減らすというのは1日1食でも3食でも必要なことです。

 

糖はエネルギーにもなりますし、極度に減らすというのは次に食事を摂った時に糖の吸収率が上がってしまうので避けるべきでもあります。

 

ダイエット情報は数多くあります。

情報・知識を得て混乱するのでなく確かめて実践していくことはダイエットにおいて成功するためには不可欠なのです。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はダイエットで「1日3食しっかり食べた方がいいは嘘」朝食抜きで快適に動けるのか?についてお伝えしました。

 

朝食抜きや1日1食のススメなど様々な意見があり混乱してしまいます。

あなたが取り組んでいるダイエット方法によって一概にこれ!というのは難しいです。

しかし、健康に痩せるのを考えるなら糖の状態を一定に保つことです。(完食も含め)

筋トレ中の間食我慢は逆効果に!女性におすすめなおやつとは?

 

このように必ず3食食べて痩せるというのは嘘で、大切なのは食事を食べる時の状態です。

空腹時の時間を減らすというのは1日1食でも3食でも必要なことです。

 

糖はエネルギーにもなりますし、極度に減らすというのは次に食事を摂った時に糖の吸収率が上がってしまうので避けるべきでもあります。

健康に痩せるためにも今回紹介した研究結果を参考にあなたにあった方法を選んでみてください。

 

合わせて読みたい記事

 

 

スポンサーリンク