おすすめの選び方!女性がスポーツジム・フィットネスクラブ選びで大切な5つのポイント

 

 

サラ
こんにちは。管理人のサラです。

今回は女性がスポーツジム・フィットネスクラブ選びで大切にしたい5つのポイントについてお伝えします!

この記事は

  • これからジムに入会しようと考えている方
  • どのようなジムにすればいいかわからない方
  • ジムを変更しようとしている方

におすすめの記事です。

ジム選びで失敗しないようにポイントを押さえておきましょう!

 

 

 

合わせて読みたい記事

 

 

選び方ポイント①;ジムの環境

 

まず一つ目に大切にして欲しいのはジムの環境です。

 

あなたはジムに通うのに何を目的としていますか?

  1. 健康維持のため
  2. ダイエットのため
  3. フルマラソン完走するため
  4. 筋肉量増加するため
  5. ヨガなどプログラム重視

などなど人によって目的は違うと思います。

 

1〜3の目的の人であれば最低限有酸素運動と無酸素運動が行える設備が必要です。

4の人はゴールドジムのようにマシンが中心のところがいいでしょう。

5の人はヨガ専門のフィットネスなら日本最大級のホットヨガスタジオLAVAなどもあります。

 

他にも女性専用女性トレーナーだけのパーソナルトレーニングジム【MMM】や個室パーソナルトレーニングRIZAPなどなど目的に応じてスポーツジムやフィットネスクラブを選ぶことが大切です。

 

それでもジムの種類はいっぱいあります。

環境をみる上でどのようなところを見ていけばいいのでしょうか?

比較するためにもポイントを踏まえながら2・3箇所は比較して見てください。

 

 

ジムに通っている年齢層・会員数

 

ジムには色々ありますが、カーブスは高齢者向けジムと言えます。

ゴールドジムは男性の割合が多いでしょうし、ジムによって特色が違います。

 

また、一般的なスポーツジムでも女性の場合男性に混じってウェイトをあげるのは恥ずかしくて筋トレを避けてしまう人もいるでしょう。

そのようあ場合も考え、女性専用のジムもあるので通えるところで検索して見てください。

 

ジムの会員数も混み具合のことを考えると気になるところです。

ある程度人気のあるランニングマシンなどは複数用意しているところもありますが、それでも仕事終わりの時間帯には全て埋まっている場合もあります。

 

ジムの見学に行く際は主に利用する時間に訪れ、ジムの状況を把握しましょう。

また、わからない場合は普段の様子をスタッフの人に聞いてみましょう。

 

 

ジムの設備

ジムには様々な特色があります。

プールやサウナ・プログラム全てあるところから、プログラムに重視しているところなどあげたらきりがありません。

 

その中でも私が特に重視している点については以下の3つです。

  • ジョギングやエアロバイクの有酸素運動ができるマシーンが各10台以上ある。
  • 無酸素運動(筋トレ)マシーンがある。
  • ストレッチを行える場所がある。

 

個人的にはあとプールとサウナがあるところを選んでいますが、そこまで行くと地域にあるのは限られると思うので重要であることを3つあげました。

 

理由についてはジョギングマシーンエアロバイクは特に人気が高く、埋まっていることが多いためです。

ただ、ゴールドジムのような筋トレ中心のジムには少ないです。

ジムの年齢層や会員数・目的に応じて微妙に異なります。

 

 

ジムのプログラム

女性に多いのがジムのプログラムを重視している人が多いのではないでしょうか?

 

ジムのプログラムで人気なのがヨガクラス。

ヨガでもホットヨガや初心者向けヨガ・ヨガの呼吸だけのクラスなどいっぱいあります。

特にヨガは人気な上参加する人数も多いのでクラスが始まる前から人数制限を設けているところもあります。

 

ヨガクラスだけでなく、ダイエットプログラムのあるところもあるので気になる方は行こうと思っているジムのHPからジムのプログラムをダウンロードしておくことをおすすめします。

 

 

選び方ポイント②;ジムの立地

 

二つ目に大事なのがスポーツジム・フィットネスクラブの立地です。

通勤・通学の途中ならまだしもわざわざ電車に乗る場所を選んでしまうと’’今日は疲れてるからいいや’’など甘えが出てきてしまい、足が遠のいてしまいます。

通学・通勤の途中の駅や職場の近く・最寄り駅のジムを選ぶ方がジムに行かなくなることを防ぐポイントなんです。

 

電車で行く場合;駅から徒歩何分?

通勤・通学・職場の近くの場合でも駅から遠くわざわざバスで行くと面倒になってきます。

駅から徒歩5分圏内の場所をおすすめします。

都心は駅から徒歩で行けるジムが多いようです。

 

車で行く場合;駐車場の有無

地方だと車で行くことの方が多いかもしれません。

ほとんどの場合、ジムに駐車場が併設しているところもあるのですが、デパートにあるジムなどは駐車場無料時間が2時間など利用制限がある場合もあるので注意しましょう。

 

 

 

選び方ポイント③;費用

 

3つ目に大切なのがお金・費用です。

これはジム毎に設定しているため難しいのですが、利用時間によっては安く済ませることができます。

 

大手スポーツクラブでは利用制限がないフリープランで1ヶ月1万円台です。

 

しかし、比較的安いのはモーニングタイムだけの利用やナイトタイムだけの利用。

利用する時間を制限することで費用を抑えられることも可能です。

 

高級ジムやパーソナルジムになると月々10万以上するところもあります。

大切なのは継続することですから無理のない範囲でジムを選びましょう!

 

 

その上でお得にジムを選ぶのもポイントがありますので見ていきましょう。

 

割引シーズンを狙う!

多くのジムは新年や新年度に会員を獲得するため割引セールを行う場合があります

その時期まで待てるようでしたら待ってみるのもいいでしょう!

 

しかし、割引入会には条件がある場合もあるので注意しましょう。

 

体験プログラムを利用する

体験した後に入会するだけで初月の入会料がタダになったり、事務手数料が無料になる場合があります。

体験自体はお金がかかるところと無料のことろがあるので体験制度を利用しつつジムの環境を確認もできるので一石二鳥です!

 

しかし、強引な入会を勧めるところには気をつけましょう。

 

 

余計なオプションはつけない

入会時に注意してほしいのがオプションです。

例えば岩盤浴や加圧トレーニングの別途入会、他にもタオル契約などジムによって様々です。

必要な契約をしましょう。また、使用して見て後からオプションをつけられるジムがほとんどなので入会時につけなくても大丈夫です。

 

 

長期契約しない!

長期契約すると途中で解約するのが面倒になり、余計なお金がかかってしまう場合があります。

絶対に1年間やめない!方はいいですが、3ヶ月などある程度してから長期契約にするのをお勧めします。

 

 

選び方ポイント④;営業時間

 

複数の仕事をしている方、勤務時間が不規則な方には24時間営業しているジムもあります。

多くのジムは22時や23時にしまってしまう場合もあるので時間には注意しましょう!

 

他にも祝日営業やGWの営業など土日祝日休日のサラリーマン・キャリアウーマンの方は特に注意しておきたいところです。

 

 

 

選び方ポイント⑤;パーソナルトレーニングの有無

 

スポーツジムやフィットネスクラブでは様々なタイプのパーソナルトレーニングを提供しています。

どんなパーソナルトレーニングがあるのか、受けられるサービスの内容も確認しておきたいところです。

 

パーソナルトレーナーの実績

ジョギングや筋トレなど運動全般においてトレーナーは重要な役割です。

最悪の場合命の危険になることもあるのでパーソナルトレーナーの実績や資格は確認しておきましょう。

 

そして、トレーナーとの相性もあると思うのでトレーナーのキャラクターも重要視しておきたいところです。

 

 

満足するパーソナルトレーナーがいない場合

ジムの設備や立地はいいけどいいトレーナーがいない…

なんてこともあると思います。

その場合、自宅に出張トレーナーを呼ぶことも可能です。

 

また、お値段は少し高くなりますが、パーソナルトレーニング専門のジムもたくさんあるので参考にして見てください!

 

パーソナルトレーニング可能なボディメイクジム一覧

CMで話題のパーソナルトレーニングジム
ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

業界最安値のパーソナルダイエットジム
業界最安値。ダイエットプログラム98,000円(税抜) REAL FIT【リアルフィット】

女性におすすめなパーソナルダイエットジム
理想の体を手に入れる【ダイエットジムbellezza】

出張も可能!パーソナルトレーニングジム
出張パーソナルトレーニング【Lyubovi】

他とは変わったエキササイズも取り入れているパーソナルジム
全米で人気のエクササイズを多数実施!完全個室パーソナルジム【TIGHTONE】

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は女性がスポーツジム・フィットネスクラブ選びで大切にしたい5つのポイントについてお伝えしました!

 

ジム選びで大切なポイントは以下の5つです。

  1. ジムの環境
  2. ジムの立地
  3. 費用
  4. 営業時間
  5. パーソナルトレーニングの有無

 

全て完璧なジムがあればそれに越したことはありませんが、自分が継続していくのに大切なポイントを重視して選んでください。

失敗しないように可能であれば2・3個のジムを比較することをお勧めします。

スポンサーリンク